2021.09.08

石川真佑が東京五輪でケガを負った古賀紗理那から学んだこと。Vリーグでチームを牽引する決意

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

女子バレー日本代表
石川真佑が振り返る東京五輪 後編 前編:悔やんだ韓国戦のあと1点>>

 東京五輪を戦い終えた女子バレー日本代表メンバーは、それぞれの所属先に戻り、10月15日に開幕する「V.LEAGUE」の戦いに向けて調整を進めている。昨季の準優勝チームである東レアローズの若きエース・石川真佑は、東京五輪での経験を踏まえてさらなる成長を目指す。

 理想の未来像として思い描くのは、東京五輪の初戦でケガを負いながら、コートに戻りチームを牽引した古賀紗理那(NECレッドロケッツ)。石川が苦しい戦いの中で見た古賀のすごさとは。

東京五輪で死力を尽くした古賀紗理那(中央)と石川真佑(左) photo by AFP/AFLO東京五輪で死力を尽くした古賀紗理那(中央)と石川真佑(左) photo by AFP/AFLO この記事に関連する写真を見る ***

――東京五輪が終わってから約1カ月が経ちました。大会後はどのように過ごしていましたか?

「チームに戻ってから会社や自治体の方々にあいさつをして、越谷章監督とも話をして、少しゆっくりする時間をもらいました。お盆が明けた頃からチームに合流して、別メニューで徐々に体を動かしています」

――今季のリーグに向けて、特に意識して高めていこうと思っているプレーなどはありますか?

「代表の時から意識していたことですが、まずはサーブレシーブを安定させること。それを含めた守備面は全体的に向上させたいです。攻撃の調子がなかなか上がらない試合などでも、守りで貢献できたらと思います。

 あとは自分のサーブの向上も必要ですね。東京五輪でも、特に後半はあまりよくなかった。有効なサーブになるかどうかは個人の技による部分が大きいので、どういう状況であってもしっかりいいサーブを打ち続けられるようにしたいです」

――東京五輪は苦しい戦いが続きましたが、その中で個人的に手応えを掴めた点はありますか?

「ベストな状態で臨んできた海外チームのブロックはすごく高かったですが、被ブロックの回数はそこまで多くなかったように思います。高いブロック相手には、手に当てて外に出すといったことが必要になりますが、ワンタッチされたボールが自分たちのコートじゃなく相手のコートに落ちることも多かった。そこは手応えを感じたもののひとつです」