2021.09.21

西田有志が「いつもと違う」と感じた東京五輪。強豪国との差を埋めるための課題も力説

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • photo by Itaru Chiba/AFLO

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE  Vol.2(1)

 9月19日まで行なわれたバレーボール男子アジア選手権で準優勝した日本代表は、来年8月からロシアで開催される世界選手権の切符を手にした。頼もしい仲間が歓喜の輪を作るなか、若きサウスポーエース・西田有志はイタリアでの新たな挑戦をスタートさせた。

 西田は9月初旬にセリエAのビーボ・ヴァレンティアに合流し、すでに練習も始めているが、日本を発つ前のスポルティーバの取材で、初めて出場した東京五輪について振り返った。

「他の大会に比べるとプレッシャーが何倍も違いました。どの国も、大会にかける思いがすごく強い。ひとつひとつのプレーのレベルの高さが、試合を映像で見ていた方にも伝わったんじゃないでしょうか。そのなかでプレーができたことは本当にいい経験になりました」

準々決勝でブラジルに敗れ、髙橋藍(右)とハグをする西田有志準々決勝でブラジルに敗れ、髙橋藍(右)とハグをする西田有志 この記事に関連する写真を見る  東京五輪のメンバーのなかで唯一の五輪経験者(北京五輪に出場)だった清水邦広も、過去の取材で「五輪はすべての国が本当に死にものぐるいになってプレーする」と話していた。西田も清水とその話をしていたようだが、自分がそのコートに立つまでは「ピンとこなかった」と言う。

「いざ試合に出た時に、『こういうことだったんだ』とわかりました。本当に清水さんの言葉どおりでしたね。現時点でその感覚を言葉にするのは難しいんですが、現役の間にどうやって伝えていけるかというのも、(五輪を経験した)自分たちの仕事でもあると思います」

 そのプレッシャーからか、初戦はチーム全体で動きが硬く、ランキングで格下のベネズエラ相手に苦しむ場面もあった。西田もスパイクを連続でミスするなど序盤は"らしくない"プレーがあり、五輪初得点はブロックで決めた。

「とにかく勝てればよかったので、自分のプレーが原因で負けそうになるなら、交代してもらってもよかったです。個人の成績がどうこうとか、それどころじゃなかったですね。いつもの自分とは違うなとは感じましたが、それでも『どうしよう』とはならず、『勝つためにどうしよう』と考えていました。スパイクが決まらなくても、サーブで攻めるとか、ディフェンスで貢献するとか......。チームが勝つためのプレーを徹底するだけだと思っていました」