2020.06.20

石川祐希はなぜイタリアにこだわるか。
コミュ力UPで世界の一流選手へ

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • photo by Sakamoto Kiyoshi

 バレーボール日本代表の絶対エースである石川祐希が、来季をイタリア1部リーグ(セリエA)のアリアンツ・パワーバレー・ミラノでプレーすることを発表した。ミラノの昨季の順位は5位。同7位だったパドヴァから、さらなる成長を目指しての移籍となった。

昨年のW杯でも活躍した、日本代表のエース・石川祐希 photo by Sakamoto Kiyoshi/AFLO 石川に対して、ミラノのロベルト・ピアッツァ監督は「石川選手は素晴らしい選手であり、これまで着実にステップアップを遂げてきた。彼がこれまで所属してきたクラブの移り変わりは、彼にオファーを出す上でとても重要な要素だった」と獲得の理由を明かした。

 初めてセリエAでプレーしたのは、中央大学1年時の2014年冬。多くのリーグ優勝を果たしてきた強豪のモデナと3カ月間の契約を交わした。シーズン途中から合流したこともあって出場機会は限られたが、"世界選抜"とも言うべきスーパースターたちから多くの刺激を受けた。

 その後も、世界最高峰のセリエAでプレーすることへの意欲は衰えず、ラティーナでの2シーズンも経て、2018年の大学卒業とともにプロ選手としてシエナに入団した。それまでは、大学、イタリア、日本代表とハードスケジュールで試合をこなしていたことから、体が悲鳴を上げることもあったが、シエナでは全試合スタメン出場を果たし、攻守にわたって活躍した。

 昨季もパドヴァでも、イタリア100試合目となるゲームでMVPを獲得するなど、シーズンを通して高いパフォーマンスを発揮。コンディション作りに余念はなく、「体のケア、栄養面も専門家の指導を受けていますし、セルフケアも欠かさずに行なっています」と、ここ2年の充実ぶりを明かした。