2020.06.02

坂口佳穂が「カワイイ!!」と絶叫。
遠征先に持っていく美女の写真集がある

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

坂口佳穂インタビュー(後編)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、今年の最大イベントであった東京五輪が来年に延期され、ビーチバレーボール界も国内外のツアーは中断中である。FIVBワールドツアーは7月再開を目指し、国内ツアーも9月以降の開幕を予定しているが、いまだ先は見えていない状況にある。そんななか、坂口佳穂(24歳/マイナビ)はすでに気持ちを切り替えて、先を見据えている――。

――スポーツ選手にとって、大変な状況にあります。3月には東京オリンピックの延期も発表されました。その決定を聞いて、どう思いましたか?

「その瞬間は『えー!? こんなこともあるんだ』って感じでした。私たちもそうですが、みんなオリンピックを目標に、すべてのスケジュールを立ててきているので。

 ただ、冷静に受け止めることもできました。今や、どこの国の選手も練習どころではないと思いますが、『私たちのやることは変わらない』と思いましたから。難しい状況ですが、社会があってのビーチバレーですし、選手もそうですが、お客さんがいてこそのスポーツだと思っていますし。