2020.06.02

ビーチの妖精・坂口佳穂。
昨季は新ペアで大躍進、その要因は?

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

坂口佳穂インタビュー(前編)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ビーチバレーボール界も国内外のすべてのトーナメントが中断されている。昨年、国内ツアー3勝、1-Star()ながらFIVB(国際バレーボール連盟)ワールドツアーでも初優勝を遂げて、今年はさらなるステップアップを目指していた坂口佳穂(24歳/マイナビ)にとっても、もどかしい状況にある。
※Star=大会のグレード。5段階に分けられており、最も高い大会が5-Starで、最も低い大会が1-Star

 ともあれ、このオフには例年どおり海外合宿を敢行し、入念な強化を図ってきた坂口。緊急事態宣言が発令される前に彼女を直撃し、まずは昨季の戦いぶりを振り返りつつ、新シーズン、そして来年の夏に向けての思いを語ってもらった――。

――昨シーズンは、国内のマイナビジャパンビーチバレーボールツアーで3勝。最終戦となるツアーファイナルの優勝もあって、堂々のツアーポイントランキング1位でした。また、2019-2020 FIVBワールドツアー・テルアビブ大会(イスラエル/2019年11月)では初優勝も遂げました。新たに村上礼華選手(23歳/ダイキアクシス)とペアを組んだシーズンでもありましたが、あらためて振り返ってみての、率直な感想を聞かせてください。

「ワールドツアーもたくさん回って、とても大変なシーズンだったように思います。一昨年までは、経験豊富な選手とチームを組むことが多かったので、いかに自分がパートナーに頼ってきたのか、痛感させられたシーズンでもありました。

 これまでは、先輩方にいろいろと教えてもらいながらやってきたのですが、もう誰も何も言ってくれません。(何か問題があれば)礼華も言ってはくれますが、(以前とは違うことを自覚して)『自分で、何でも気づかないといけないな』と思いました。