2020.01.06

男子バレー・柳田将洋が完全復活へ。
東京五輪に向けてドイツで成長

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

東京オリンピックで輝け!
最注目のヒーロー&ヒロイン 
バレー 柳田将洋 編

 昨年のワールドカップバレーで、男子日本代表のキャプテンを務めた柳田将洋。2019年2月に左足首を骨挫傷の影響もあって出場機会はあまり多くなかったが、常にチームを鼓舞し、途中出場でも強烈なサーブで試合の流れを変えるなど存在感を示した。

 現在は、ドイツのブンデスリーガに属するユナイテッドバレーズ・フランクフルトでプレーし、試合ごとに選出されるMVPに輝くなど調子を上げている。そんな柳田に、ワールドカップで感じた収穫や課題、東京五輪に向けた意気込みなどを聞いた。

ドイツ・ブンデスリーガで徐々に調子を上げる柳田 photo by Amy――まずは、2019年の全日本でのプレーを振り返っていただきます。チームが4位と奮闘したワールドカップは、ケガ明けだったこともあり出場機会が限られましたね。

「たしかに、例年に比べてコートに立つ時間は短かったですけど、その中で自分の役割はしっかり遂行できました。もちろん、個人としてはプレー時間が長いほうがいい。でも、チーム全体のことを考えると、目標を達成できるかどうかが大切です。昨年の代表シーズンは、そのことについて自分なりに考えながら、キャプテンとしての役割を果たすことができたと思います」

――コート内外で、どのようなことを意識していたのでしょうか。

「当たり前のことですが、コートに立っていない時でも、気持ちは常にメンバーと共に戦っています。外から見ていて気づいたことがあれば、アドバイスをするなど話し合いながら解決していきました。自分がコートに入ったときは、『自分が何かを変える』というアクションを心がけていました」

――石川祐希選手と西田有志選手の活躍をどう見ていましたか?

「もちろんすごい活躍でしたし、石川と西田が中心となってチームを引っ張ったことが、4位という結果をもたらしたことは間違いありません。しかし、『2人だけがすごい』ということではない。周囲が2人を生かすことを考えてボールをつなぎ、動いたことも評価されるべきです」

――ほかに、チームとしてよかった点は?

「僕はちょっと例外になってしまうんですけど、チーム全体としてケガが少なかったですね。2018年は西田が、2017年は石川がケガをしてしまいましたが、2019年はそういったこともなくワールドカップに臨むことができました。大会中も、タイトなスケジュールでありながら離脱する選手がおらず、うまくメンバーを循環させて戦えたことは大きな収穫でした」