2019.05.09

ビーチバレー坂口佳穂の意外な素顔。
「飲みに行こ」とよく誘うのは…

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

坂口佳穂インタビュー(後編)

 注目度では、ビーチを代表するプレーヤーの坂口佳穂(23歳/マイナビ/KBSC)。昨シーズンは結果も出して、実力でも世代を代表する選手になりつつある。そんな彼女の素顔に迫る、プライベートな話も聞いてみた――。

――今シーズン、村上礼華選手(22歳)とペアを組んで若いチームとなりますが、じっくりとチームを作っていこうという意識もあるのでしょうか。

「過去のオリンピックを見ると、長い時間組んでいるチームが出場しています。だから、オリンピックはチームを組んですぐ出場できるような、簡単に行ける場所ではないと思っています。

 オリンピアンの方に話を聞く機会が結構あるのですが、その際、チームを作るうえでは”我慢”の大切さを説かれます。そのことはよく認識しているので、長期的な視野に立って、我慢強く、腰を据えてチームを作っていこうと思っています」

――坂口選手を含めて、国内のビーチ界では昨年、石坪聖野選手(23歳)や柴麻美選手(23歳)など同世代の活躍が目立ちました。刺激になっていますか。

「とても刺激になっていますし、同学年の選手が多いので『負けたくない』という意識が強くなっていますね。ビーチバレーは『経験のスポーツ』と言われて、ベテランの選手が多いですが、もっと私たちの世代もがんばらないといけないと思っています」

――これまで、プレー以外で注目されることも多かったと思いますが、それについて、気持ちのわだかまりなどはありましたか。

「うーん……、そうですね。でも、ビーチバレーが注目されて、それに貢献できるのであればいいのかなと思えるようになりました。何かにがんばって、打ち込んでいる姿をみなさんが応援してくれるのであれば、注目されて『”私なんて……”と思うこともないんじゃないか』と、自然と考えが変わってきました。

 今では(注目されることに)むしろ感謝しています。私を通じてビーチを知って、『試合を見に来ました』と言ってもらえると、とてもうれしいです」

――来年には東京オリンピックもありますが、そういったビーチバレー観戦初心者の方に、どういったところを見てもらいたいですか。