2019.05.08

ビーチバレー坂口佳穂が急成長。
海外でのプレーは「気持ちよかった」

  • 小崎仁久●取材・構成 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

坂口佳穂インタビュー(前編)

 坂口佳穂(23歳/マイナビ/KBSC)にとって、昨年は大きな転機となった。鈴木悠佳子(31歳)とペアを組んで、悲願の国内ツアー初優勝を成し遂げ、ワールドツアーでも表彰台に上がった。技術だけでなく、精神的な成長も経て、4年目にしてようやく実を結んだシーズンとなった。

 結果と自信をつかんだ彼女は今シーズン、新たなパートナーとペアを組んで、カウントダウンが始まった東京オリンピックに向けて挑むこととなった。昨シーズンの勢いを来夏までつなげることができるか。成長を続ける坂口佳穂を直撃した――。

――昨シーズンは国内ツアー第2戦、マイナビジャパンビーチバレーボールツアー東京大会で優勝。ツアーポイントランキングを1位でシーズンを終えました。大きく飛躍した年だったと思いますが、振り返っていかがですか。

「昨シーズンは目に見えた形で結果を残せたことが、自分の中ではとても大きかったです。年々、少しずつでも成長できているのかなと思っています。目標だった優勝もすることができて、やってきたことが間違いではなかったとわかりましたし、自分以上に家族や周りの人が喜んでくれる姿を見て、プレーに対するモチベーションがより一段、上がった感じでした。

 それに、自分自身の考え方が一番大きく変化した1年だったと思います。パートナーだった(鈴木)悠佳子さんやコーチの指示、指導の、本当の意味がわかるようになってきました。大学を卒業したこともありますが、選手としてだけでなく、人として大事なことがどういうことなのかわかってきました。まだまだですけどね(苦笑)」

――昨シーズンはワールドツアーにも積極的に参加して(9大会)、ベトナム・トゥアン・チャウ・アイランド大会、韓国ウルサン大会(ともに1-Star)では表彰台にも上がりました。海外でのプレーはいかがでしたか。
※Star=大会のグレード。5段階に分けられており、最も高い大会が5-Starで、最も低い大会が1-Star

「海外の選手は体が大きくて高さもあって、軟打よりも強打が攻撃の中心なので、国内とは戦い方が違っていい経験になりました。私たちも同じように強打で攻めていったので、やりやすさはありましたね。でも、表彰台に上がれたことは素直にうれしかったのですが、フルセットのいいところまでいきながら、勝ち切れないゲームもあったので、(その点が)課題にはなりました。