2018.06.16

まぐれじゃない強さ。ビーチの妖精・
坂口佳穂ペアが強敵相手に大健闘

  • 小崎仁久●取材・文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 5月に行なわれた『マイナビ・ジャパンビーチバレーボールツアー2018』第2戦の東京大会で、悲願の初優勝を果たした坂口佳穂(22歳/マイナビ)と鈴木悠佳子(30歳)ペア。シーズン早々に目標を達成したふたりは、ツアー連勝を目指して第3戦の平塚大会(6月9日~10日/神奈川県平塚市・湘南ひらつかビーチパーク)に挑んだ。

 東京大会ではホステスプロとしての重圧をはねのけ、価値ある優勝を飾った坂口と鈴木のペア。ただ、国内ランキング上位チームの多くが参加していなかったため、手放しで喜んでいるわけにはいかない。この平塚大会でも結果を残して、優勝が”フロック”でなかったことはもちろん、自分たちが確実に力をつけていることを、改めて示しておきたかった。

 1日目の予選プール戦はセットを落とすことなく、2戦2勝で難なく決勝トーナメントに進出。磐石の結果を残して、その成長ぶりをきっちりと見せつけると、2日目の準決勝でも、石坪聖野(さとの/22歳)&柴麻美(22歳)ペアを相手に、セットカウント2-1(21-13、15-21、15-13)で勝利を収めた。

 この試合は第1セットを簡単に取っておきながら、第2戦では一転して劣勢に追い込まれた。そのままあっさりとセットを奪われると、最終セットも終盤まで一進一退の攻防が続く厳しい戦いを強いられた。それでも、「焦りはなかった。ミスしても、切り替えがしっかりできていた」と坂口。最後は、これまでに培ってきた経験と勝負強さで上回り、同い年のチームを振り切った。