2018.06.05

女子バレー中田久美監督が描く、
「東京五輪メダル」へのロードマップ

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

全日本女子を率いて2年目のシーズンを迎えた中田久美監督 中田久美監督のもとで2年目を迎えた全日本女子が、昨年までのワールドグランプリに代わり、男女同一の大会となったネーションズリーグを戦っている。現在は香港での第3週までを終え、6月27日から行なわれるファイナル進出を目標に奮闘だ。

 8月にアジア大会、その後に日本での世界選手権が控えている今シーズンに、中田ジャパンはどんな進化を見せるのか。世界一を目標に掲げる指揮官が、シーズン開幕前に描いていたその展望とは。

――全日本女子の監督に就任して1年目の昨シーズンは、ワールドグランプリでブラジルやロシアに勝利するなど結果を残せたように思えます。振り返ってみていかがですか?

「昨シーズンは、アジア選手権で優勝することをチームの大きな目標として掲げていました。 ワールドグランプリでブラジルなどに勝てたことは、結果がそうだっただけであって、 特別に思うことはありません。国際大会での経験があまりなかった選手たちにとっては自信になったと思いますが、それで十分に力がついたかといえば、まだまだですね」

――それでも、アジア選手権優勝という目標は達成しました。

「表彰台の一番高いところに立てることはなかなかないことです。それは彼女たちの頑張り、努力の結果だと思います」

――逆に課題を挙げるとしたら?

「それはキリがないですね。戦術的なところや、上位国に勝てる試合が少ないというところ、私自身についてもたくさんあります」

――具体的には、どんなところが課題だと感じましたか?

「例えば、『ここでレシーブが上がっていれば』『ここで得点が入っていれば』といった、勝敗を分けるような1点、2点を取るときの”詰めの甘さ”です。技術的なことやメンタル面の甘さも含め、そこが世界との大きな差になっています。バックアタックの少なさ、被ブロックの多さなど、さまざまな改善点はありますが、私が重視しているのは”勝負強さ”です。そこがもう少し改善できれば、昨シーズンに競り負けたような試合で勝てる可能性が高まると思っています」