2018.05.02

ビーチ坂口佳穂の素顔。「海外には、
必ずサバ缶を持っていきます」

  • 小崎仁久●取材・構成 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

坂口佳穂インタビュー(2)

 ビーチバレーボールに真摯に向き合っている坂口佳穂(22歳/マイナビ)は、日々成長を遂げている。その”華”のあるプレーぶりも素敵だが、意外な一面を持つオフの姿もまた、とても魅力的だ――。

(1)から読む>>

――改めまして、大学ご卒業、おめでとうございます。

「ありがとうございます。ほんと~に、ギリギリで卒業できました(笑)」

――この4年間、学業とビーチバレーボールの両立は大変でしたか。

「毎日、学校とビーチを往復する4年間でしたが、(両方とも)途中で投げやりになることがなかったので、よかったなと思っています。ツアー中に試験やレポートが重なると、練習も含めてやることが多くて、手一杯になることもありましたが……(笑)。

 大学はとても楽しくて、友だちと会ったり、先生と話したりして、ある意味それが”息抜き”になっていました。そういう時間があったので、ビーチバレーもがんばれたと思います。

 また、4年間やってきたからこそ、世界大学選手権(7月、ドイツで開催)の代表にも選んでもらえたと思っています。ビーチバレーを始めたときは、同世代の選手にはまったく勝てなくて、卒業するまでには『絶対に勝ちたい』と思っていましたから、(代表に選ばれたのは)素直にうれしいです。同世代の中では、4年間で『誰よりも練習した』という自信があります」