2018.05.01

ビーチバレー坂口佳穂が語る。
「東京五輪出場のチャンスは、まだある」

  • 小崎仁久●取材・構成 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

坂口佳穂インタビュー(1)

「新ビーチの妖精」などと称されて多くの注目が集まるなか、大学生ビーチバレーボール選手として着実に歩みを進めてきた坂口佳穂(22歳/マイナビ)。この春に晴れて大学を卒業し、本当の意味での”プロプレーヤー”となった。

 国内ツアーの優勝、ワールドツアーの表彰台、その先には東京五輪という目標もある。新たな気持ちで迎える4年目のシーズン、”ニュー・坂口佳穂”を見せることができるか。彼女を直撃して話を聞いた――。

――昨シーズンは大会をこなすごとに、一つひとつのプレーがよくなってきた印象を受けました。目標としていたベスト4にも、あと一歩のところまできていました。ご自身で振り返ってみて、いかがですか。

「昨年は(最初に組んだ)ペアがシーズン途中で解散してしまい、”チーム”というものが作れませんでした。それでも、次に向けて自分の技術を伸ばしていくことや、1大会のみのペアであっても、よくコミュニケーションをとって戦い方を組み立てるなど、決まったパートナーがいないことで学んだ部分がたくさんありました。

 また、ベスト4には届きませんでしたが、レシーブの形やボールの追い方など、技術面ではできることが増えました。プレーの質が上がっていることは、自分でも実感しています」