2016.06.23

ビーチバレー五輪予選。西堀健実&溝江明香ペアが奇跡を起こす

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 6月24日から(26日まで)オーストラリアのケアンズで『ビーチバレーボールAVCコンチネンタルカップ・ファイナル』が開催される。2ペア4人を1チームとし、国別対抗(男女とも出場8カ国)で行なわれる今大会は、アジアチャンピオン決定戦であると同時に、1カ月半後に迫ったリオデジャネイロ五輪の出場権をかけた戦いでもある。

 アジア枠として、今大会に割り振られている五輪出場枠は「1」。つまり、ここで優勝した国には五輪の出場権が1枠(1ペア)与えられる。また、2位、3位となった国は、ワールドコンチネンタルカップ・オリンピック予選(7月6日~10日/ロシア・ソチ)へと回り、他の4大陸における大会で同様の結果を残してきたチームと対戦。リオ五輪への最終キップ(2枠)を争うこととなる。

 日本チームにとって、他との力関係を考えると、アジア以外の大陸のチームと出場権を争うワールドコンチネンタルカップで上位2位以内に入ることはかなり厳しい。五輪の出場キップを手にするには、今回ケアンズで行なわれるAVCコンチネンタルカップでの優勝が必須条件となるだろう。

 同大会に出場する日本代表女子チームは、西堀健実&溝江明香ペアと、村上めぐみ&石井美樹ペア。西堀と溝江はともに4年前、当時別の選手とペアを組んで、中国・福州で行なわれたAVCコンチネンタルカップ(兼ロンドン五輪予選)にも出場している。

 しかしその際は、準々決勝で敗れた。