2016.06.28

ホープ古賀紗理那の落選にみる
女子バレー「メダル獲り」の本気度

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

ワールドグランプリで奮闘したが、20歳の古賀紗理那は代表メンバーから落選 オリンピック全日本女子バレーボールチームは27日、東急京都ホテルで会見し、リオデジャネイロオリンピック出場の12名を発表した。

 番号は年齢順に、1.山口舞、2.荒木絵里香、3.木村沙織、4.迫田さおり、5.佐藤あり紗、6.座安琴希、7.田代佳奈美、8.石井優希、9.長岡望悠、10.島村春世、11.鍋谷友理枝、12.宮下遥。

 先月行なわれたオリンピック世界最終予選(OQT)の14名から、昨年ワールドカップで大活躍したパスヒッター(※1古賀紗理那とリベロの丸山亜季が外れた形となった。また、OQTのバックアップメンバーだったロンドン銅メダリストのポイントゲッター(※2)江畑幸子も落選。
※1 レセプション(サーブレシーブ)をして、攻撃するアタッカーでトスの補助もする
※2 レセプションを担当しない攻撃専門のアタッカー

 そして、本来リベロである選手をふたり(佐藤、座安)登録し、ひとりをリベロに、もうひとりをレシーバーとして、パスヒッターが後衛時に交代する戦術を採ることにした。この方法を本格的に採り始めたのはOQTからだ。