2016.07.08

決勝Tまであと一歩。
ビーチバレー坂口佳穂が見せた大胆スタイル

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

『ジャパンビーチバレーボールツアー2016』第4戦マイナビシリーズ(7月1日〜3日)が東京・お台場で行なわれた。坂口佳穂フォトギャラリーはこちら>

 注目の坂口佳穂(20歳/マイナビ)&鈴木悠佳子(28歳/マイナビ)ペアは、今季ツアー3大会目の出場。今回初の決勝トーナメント進出が期待されたが、過去2大会同様、惜しくも予選プールで敗退した。

強敵相手に奮闘したものの、予選プールで敗退した坂口&鈴木ペア 予選プール第1試合は、順調なゲーム運びだった。序盤はややもたついたものの、今大会の課題に掲げていたサーブを効果的に決めて試合の主導権を握った。相手チームのミスに助けられた面もあったが、坂口のスパイクでポイントを重ねて2セットを連取(21ー15、21-17)。このペアとしては、初めてセットを落とすことなく勝利を飾った。

 勝てば決勝トーナメント進出が決まる予選プール第2試合、相手は田中姿子(40歳)&藤井桜子(25歳)ペアだった。ともに日本代表の経験を持ち、技術、戦術的にも格上の実力ペア。今年のツアーでこれまで戦ってきたチームの中でも、最も手強い相手となる。それでも、成長を続ける坂口&鈴木ペアの、現在の力量を測るうえでは、絶好の相手とも言える。

 第1セットは、その強豪の前にあっさりと屈した。サーブで鈴木が狙われて、スパイクもコースを読まれてことごとく止められた。これまでの大会では、経験の浅い坂口が狙われ、鈴木がカバーにまわることがほとんどだったが、この試合では逆の形となった。そんな思わぬ展開には、「さすがに慣れておらず、戸惑った」と鈴木は振り返る。