2015.11.27

NEXT4柳田将洋は? Vリーグを戦う「全日本戦士」のいま

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  中崎武志●写真 photo by Nakazaki Takeshi

ワールドカップで注目度が一気に上がった柳田将洋。サントリー浮上のカギを握る 10月30日に開幕したV・プレミアリーグ男子2015/16シーズンは、昨季準優勝、黒鷲旗大会で優勝を果たしたサントリーが思わぬ苦戦を強いられている。開幕戦は昨シーズン84年目にして初優勝を遂げたJTに1-3と惜しくも敗戦。負けはしたものの、白熱した試合内容だった。、ところが、その後もズルズルと負け続けて、開幕4連敗で最下位に。3戦目の東レ戦では、試合中に助っ人外国人選手のエバンドロ・グエッラが捻挫で離脱。4戦目のパナソニック戦も、いいところなくストレート負けするなど、誰も予想できなかった序盤戦となってしまった。

 開幕戦はワールドカップ2015で石川祐希とともにレフトの対角を組んだ柳田将洋がスタメンに起用されていたが、3戦目からはベンチスタートとなった。5戦目となる11月15日のジェイテクト戦でも栗山雅史と金子隆行の対角でスタートしたが、2セットを落としたところベンチが動いた。

 2セット目の途中から入れた阿部裕太をそのまま残し、主将の栗山をはずして、柳田と金子の対角で3セット目を開始。柳田目当てで会場に詰めかけたファンの大声援に後押しされて、3セット目をもぎ取ると、流れはそのままサントリーに。第5セット序盤に柳田が2連続エースで主導権を握り、14-11とマッチポイントの場面でサーブが回ってきたのは、またも柳田。渾身のサーブで相手レシーバーをはじくと、ようやく今季初白星をつかみとった。