2015.11.13

【女子バレー】あの美しすぎるバレー選手が日本のコートに登場!

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

「美しすぎるバレー選手」カザフスタンジュニア代表のサビーナ・アルシンベコバ選手が、日本のVリーグに参戦する。サビーナ選手は1996年11月5日、父はスキー選手、母は陸上選手というスポーツ一家に生まれ、現在19歳。身長182センチ、脚の長さが120センチ、12頭身の超絶プロポーションに、透き通るような白い肌でオリエンタルな顔立ちのアタッカーである。

カザフスタン出身のサビーナ・アルシンベコバ選手

 彼女は昨年台湾で行なわれた女子バレーボールU-19アジアカップに、カザフスタン代表のメンバーとして参加。台湾メディアを中心に、世界中で瞬く間に大人気となった。大会前に300人ほどだった画像共有SNS・インスタグラムのフォロワーは大会期間中に一挙に20万人を超え、現在はなんと50万人以上となっている。

 控えの選手ゆえ、U-19アジアカップではあまりコートで見ることはできなかったが、一挙手一投足に観客とメディアの注目が集まり、監督が「これでは試合にならない」と不満をこぼしたほど。その後、カザフスタンでは映画の主演も決まった。スポーツ選手の役柄で、「等身大のキャラクターなのでお受けしました」とのこと。