2015.11.04

【男子バレー】全日本の石川祐希は、大学生の大会で進化できるのか?

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari 浦川一憲●写真 photo by Urakawa Ikken

 秋季関東1部大学バレーボールリーグが18日、全日本のエース石川祐希を擁する中央大の優勝で幕を下ろした。石川はワールドカップ(W杯)出場のためリーグ前半は出場できなかったが、W杯終了後の10月3日、法政大戦から出場。4日には筑波大の高橋健太郎との「NEXT4(※)対決」を制し、満場の観客を魅了した。例年200人程度の観客がこの日は1700人を超し、入場制限がかけられたほどだった。
※南部正司全日本監督が命名した、次世代の男子バレーを担う石川祐希、柳田将洋(サントリー)、高橋健太郎、山内晶大(愛知学院大)のユニット

中央大学2年の石川祐希。リーグ戦途中からの 参戦になったが、優勝に貢献した

 しかし10日の東海大戦では、2セットを連取して楽勝モードかと思われたが、ここから東海大の反撃が始まった。大学バレー独特の控え選手たちによる応援団が、この日はフロアでの応援を許されており、東海大が得点するたびに駆け回る。中央大の得点では「キャー!」という黄色い声が上がり、東海大の得点では試合を終えて観戦していた他大学選手たちを含めた低い声が響く異様な雰囲気のなか、試合はフルセットの末に東海大が勝利した。