2015.10.21

【女子バレー】Vリーグ開幕! サオリン、紗理那ほか代表選手たちの今

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

全日本のエース、木村沙織が所属する 東レはいいスタートを切った V・プレミアリーグ女子が10月17日(土)に東京体育館で開幕した。初戦は昨季惜しくも3連覇を逃した久光製薬スプリングスが、産後復帰した銅メダリスト荒木絵里香を擁する上尾メディックスに3-1で逆転勝ち。久光は9月のアジアクラブ選手権でも中田久美監督が登録されず、コーチの加藤陽一が代行。また、10月5日に開かれた開幕記者会見でも「所用で欠席」とのことでビデオメッセージのみ。開幕前日の記者会見も欠席で心配されていたが、17日には会場で采配を振るう姿を見せ、久光ファンをほっとさせた。

 中田監督は会見で、開口一番「ご心配をおかけして申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を述べた。昨年ぎっくり腰になってから腰の具合が悪く、アジアクラブ選手権は腰痛と所用のため帯同せず、開幕会見の頃にはヘルニアの手術を行なったという。

「今日の試合は、正直早く終わってくれ!と思っていました」と報道陣を笑わせていた。昨季はVリーグ3連覇を前提のうえで、世界クラブ選手権での頂点を見据えていた。しかし、ファイナルの思いがけない敗北(対NECレッドロケッツ、1-3)で歯車が狂った。

「私自身も選手もすごく苦しみました。その後の世界クラブでも世界にはじかれ、悩みました。選手たちと本気でぶつかって、バラバラになりかけたりもしました。そういう意味で、開幕戦の今日勝てたことは私たちにとって大きなプラスです」

 また、36打数22本決定、サーブレシーブ28本で22本成功の新鍋(しんなべ)理沙について「今日は完璧だった」と評価した。