2015.10.06

【ビーチバレーボール】新たな「ビーチの妖精」坂口佳穂に熱視線

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • 長瀬友哉/フォート・キシモト●撮影 photo by Nagase Yuya/PHOTO KISHIMOTO

 かつて、世間の注目を一身に集めていた「ビーチの妖精」浅尾美和が引退し、はや3年。その後、人気も、実力も低迷が続いている日本ビーチバレーボール界に「期待の新星」が突如現れた。坂口佳穂(19歳)だ。

「ポスト・浅尾美和」として注目を集めている坂口佳穂。 坂口は、都内の大学で政治を学ぶ女子大生。9年間のバレーボール歴はあるものの、ビーチを始めてまだ1年半。まさに"原石"である。

 ビーチバレーボールの迫力と華やかさに魅了され、坂口が競技を始めたのが昨年の春。それ以来、週の大半を神奈川県川崎市にあるビーチスポーツクラブの砂の上で過ごし、ビーチバレーボールのオリンピアンや元代表選手らの指導を受けるなどして、経験の少ない競技者としてはこのうえない練習環境のもと、日々腕を磨いている。現在は決まったパートナーがいないものの、試合では実績のあるベテラン選手らとチームを組んで、さまざまな技術を習得中だ。

 今季序盤は下部ツアーのみのエントリーだったが、次第に出場するカテゴリーもステップアップ。国内トップツアーである、JVAビーチバレーボール・シリーズAの大会にも出場するようになった。

 同レベルの大会には、これまで3大会に出場。それぞれ決勝トーナメントに進むことはできなかったが、トップカテゴリーで2勝をマークし、日頃の練習の成果を徐々に発揮し始めている。