2015.09.27

【男子バレー】19歳のエース、石川祐希がリオへの道を切り開く

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 ワールドカップバレー男子大会(9月8日~23日)、日本は5勝6敗・勝ち点16の6位で幕を閉じた。成績としては1995年大会の7勝4敗5位以来の好成績となる。99年、2003年、2007年が3勝、2011年が2勝。実に20年ぶりに5勝以上をあげた大会だった。

 個人の成績を見ても、ベストスコアラー4位に清水邦広(パナソニック)、8位に石川祐希(中央大)、ベストスパイカー(決定率)4位が石川、8位が清水、ベストサーバー5位に柳田将洋(サントリー)、ベストセッターランキング1位が深津英臣(パナソニック)、ベストディガー2位が永野健(パナソニック)、10位に石川と、6位というチームの躍進もうなずける内容だ。

今大会でチームの顔となった石川祐希。リオ五輪出場 のため、さらなる成長を期待したい

 大会が始まる直前の記者会見で、木村憲治日本バレーボール協会会長が「現在の全日本男子は、ミュンヘン五輪前の全日本男子と似ている。女子が成績でも人気でも上回り、男子は欧州遠征22連敗をして『世界のクズ』と新聞に書き立てられた。私はその頃現役だったが、その屈辱から這い上がってミュンヘンでは金を獲った。今の全日本男子も必ずや復活してくれます」と語っていたが、今大会での成績については「長い目で見守ってほしい」と控えめなコメントにとどまった。