2022.01.18

大坂なおみ「自分を悩ますほどではなかった」。全豪連覇へ好発進、課題は上位陣との対決でのメンタルか

  • 神 仁司●文 text by Ko Hitoshi
  • photo by AFLO

 大坂なおみが、グランドスラムに帰って来た――。

 今季グランドスラム初戦である全豪オープンの1回戦で、第13シードの大坂なおみ(WTAランキング14位/1月17日づけ、以下同)は、カミラ・オソリオ(50位、コロンビア)を、6-3、6-3で破り7年連続の2回戦進出を決めた。

全豪オープン初戦、時折笑顔も見せていた大坂なおみ全豪オープン初戦、時折笑顔も見せていた大坂なおみ  20歳のオソリオは、元ジュニア世界ナンバーワン(2019年9月)で、昨年4月にWTAボゴタ大会(コロンビア)でツアー初優勝した急成長中の若手選手だ。今回が全豪オープン本戦初出場だったが、失うものは何もないという姿勢で、思い切りのよいプレーで大坂に挑戦した。

 だが、セカンドサーブをベースラインの内側からリターンしたり、ドロップショットを織り交ぜて前後に揺さぶるオソリオに対して、大坂は、「いつも若手とプレーすることはタフだったりするけど、正直それほど自分を悩ますほどではなかった」と振り返り、実力と経験の差をまざまざと見せつけた。大坂は、ウィナーを19本決め、ミスは28本で多かったものの、地力が明らかに勝っていた。

 現在の大坂にとっては、体力やテニスの技術云々よりも、当面はやはりメンタルの安定が一番の課題になっていくだろう。

 2021年シーズンには、うつ症状に悩まされていることを告白し、テニスから少し離れると語るなどメンタルヘルスが心配された。

 今季、全豪オープンの前哨戦となるWTAメルボルン大会で約4カ月ぶりとなる実戦復帰を果たした大坂は、テニスを再び楽しむことを自身のテーマとして掲げている。

「今季の大きな目標はただ一つ。結果や内容にとらわれないで楽しむこと。たとえ負けても、自分のできることにトライしてコートをあとにすることです」