2020.12.12

石井琢朗の娘と久保竜彦の娘がテニス・ダブルスでコンビを組んでいた

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by YONEX

 傾き始めた太陽がオレンジ色に染めるコートで、ふたりは声をかけ合い、笑顔を交わしながら、黄色いボールを追っていた。

 愛媛県松山市で開催された、ITF(国際テニス連盟)公認のジュニアテニストーナメント。伊達公子の尽力により産声を上げた新設大会で、彼女たちはペアを組みダブルスの試合を戦っていた。

石井琢朗の娘・さやか(左)と久保竜彦の娘・杏夏(右) 与えられたシードナンバーは『1』。前週に山梨で開催されたジュニア国際大会でも、ふたりはダブルスで頂点に立っている。

 170cmの長身選手がドライブブレーを打ち下ろせば、もうひとりは軽快なフットワークでボールを拾いまくり、柔らかなタッチでドロップショットを相手コートへと沈めた。

 長身選手の名は、石井さやか。しなやかな細身の選手は、久保杏夏(きょうか)。

 そのふたりのことは知らなくても、両者の父親の名は、耳に馴染みがあるはずだ。

 石井の父は、元プロ野球選手の石井琢朗。横浜ベイスターズと広島東洋カープでプレーし、通算2432安打を記録した名野手だ。久保の父は、元サッカー選手の久保竜彦。快足と跳躍力を生かしたダイナミックなプレーで人気を博し、『ドラゴン』の愛称で知られたゴールゲッターである。

 久保杏夏の名が、テニス界で広く知られたのは4年前。彼女が小学6年生の時である。全国選抜Jr.テニス選手権と、全国小学生テニス選手権で二冠を達成。国内では敵なしで、その視線は早々に世界へと向いていた。

 父が著名アスリートであることも知れわたり、また久保本人も、その事実を重荷に感じているふうはなかった。現役時代から寡黙で知られる父は、「俺は娘には口出ししないから」とうそぶいたが、娘は「歩いている時の姿勢や、食べるものもいろいろ言われるんです」と、無邪気に父親の素顔を明かす。

「ジュースはダメだからスポーツドリンクを飲んでいたけれど、最近はスポーツドリンクもダメって言われるから、お水くらいしか飲めなくて」

 笑顔でそうこぼしていたのは、中学1年生の頃だった。