2020.04.23

コロナ後の展望。テニス選手会会長が語る
「国内プロリーグ」の可能性

  • 内田暁●取材・文・撮影 text & photo by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「300位以下の選手たちは、経済的にも厳しいと思います。若手はまだ、期待料も込めてスポンサーが離れることもないかなと思うんですが、中堅からベテランだと難しくなってくるだろうと」

「僕のなんとなくの判断ですが」と前置きしたうえで、自分の言葉が帯びる責任を噛み締めるように、添田豪はそう言った。

全日本男子プロテニス選手会の会長を務める35歳の添田豪 2018年末に発足した「全日本男子プロテニス選手会」の会長を務める35歳。新型コロナウイルス感染拡大により、日本のみならず世界のテニスが停止した今、選手会の活動に対する注目度は高まり、担うべき役割も拡張しつつある。

 添田自身がコロナ禍に最も振り回されたのは、3月中旬の頃だった。

 約1カ月に及ぶ北米シリーズを転戦すべく渡米するも、現地に着いた日の夕方には、参戦予定だった大会の中止を知る。その後も、後続の大会開催可否に関する情報が錯綜するなか、異国で落ち着かぬ日々を過ごす。

 帰国後も、「向こう6週間のツアー中断」「ウインブルドンの開催中止」と、刻一刻と状況が悪化するなかで、今は「今年は、再開はない……という最悪の想定をしたほうが気持ちは楽。自分のなかでは、そう考えてやっています」との境地に達した。