2019.07.01

大坂なおみ「努力型の自分」に回帰。
全英は「脳を働かせないとダメ」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

「ランキングが低いほうが……」

 そこまで言うと、彼女はフッと自嘲的な笑みを漏らし、しばし言葉を切った後にこう続けた。

「これって、とんでもないことよね? 私は世界2位で、それを”低いランキング”なんて言ってるんだから」

世界2位としてウインブルドンに臨む大坂なおみ 今年1月の全豪オープン優勝で世界1位に上り詰めた大坂なおみは、その地位に約5カ月君臨し続けた。

だが、在位中は苦しい戦いが続き、ウインブルドン前哨戦のネイチャーバレー・クラシック(バーミンガム)も2回戦で敗退。大坂が早々に去った同大会を、先の全仏オープン女王のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が制した時、両者のランキングは入れ替わった。

 大坂の世界1位連続在位は、21週。彼女が、2位の地位をごく自然に「低いランキング」と述べたのは、1位であることがすでに心身に染みつき、同時にその肩書がいかに大きな呪縛となっていたかを物語ってもいるだろう。

「1位であることのストレスやプレッシャーは、私の想像をはるかに凌駕していた」と、大坂は今になって告白する。

 全仏オープンを第1シードで迎えることを切望した彼女だが、その地位は、極度の緊張と眠れぬ日々を21歳の若い女王にもたらした。

全仏オープンの3回戦で敗れた時は、「10段階で100」という深い落胆に陥るも、同時に「ほっとしている。これでようやく、プレッシャーから開放される」と本音もこぼした。全仏では会見時の表情も固く、いつものユーモアあふれる発言も封印気味。

 それから、3週間後。

「フレンチオープンでの私は、会見であまり話すこともできなかった。みんな、寂しかったでしょ?」

ウインブルドン開幕を控えた会見で、彼女はいたずらっぽい笑みを浮かべた。

 大坂の表情が柔らかくなったのは、矛盾した物言いのようだが、ウインブルドンの芝のコートに彼女が苦手意識を抱いていることも一因だろう。

「現時点で、芝は私にとって一番難しいサーフェス(コートの種類)。初めてプレーしたのが16歳の時だし、1年でたったの3週間しかプレーする機会もない。今でも毎日が勉強だし、他のコート以上に脳を働かせないといけないと感じる」