2018.07.02

錦織圭、ウインブルドン
「初の8強」へのビクトリーロードはこうなる

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo Ko Hitoshi

久しぶりにケガなく、ウインブルドン入りをした錦織圭 錦織圭が、10回目のウインブルドンに挑む――。

 ウインブルドンでは、2014年と2016年のベスト16が最高成績で、錦織が唯一ベスト8以上に進めていないグランドスラムであるため、他のグランドスラムと比べて、チャレンジャーとして臨む気持ちがより一層強い。

「(グラスを)まだ好きな日もあるし、嫌いな日もあるので、まだまだ模索中です。楽しみな気持ちもありますし、同時に自信が100%あるかというと、そうでもない。でも、自分を成長させる大会でもあるし、まだまだ勉強しないといけないサーフェスでもある。挑戦できる大会として、毎年楽しんではいます」

 ただ、ハードコートやクレーコートと比べると、やはりグラス(天然芝)コートでのプレーに苦手意識があることは否めない現状だ。

「他のサーフェスとは違ったテニスをしないといけない。まだ自分のベストのプレーができていない唯一のサーフェスです。グラスでは、たくさんのストップ&ゴーがあって、本当に足を使わなければいけない。クレーと違って、素早さがポイントになります」

 ウインブルドンでは、世界ランキングに過去2年間のグラスシーズンでの成績を加味して決定する、大会独自のシードが採用されている。錦織(ATPランキング27位、6月25日付/以下同)は、欠場者によって3つ繰り上がって第24シードになり、大会ドローのボトムハーフに入った。

 ここ3年間の錦織は、ケガを伴ってのウインブルドン入りだったが、今回はトラブルなしでプレーできるのが好材料だ。

「今週(ウインブルドン直前週)はいい練習ができているので、自信がつきつつあります」という錦織の1回戦の相手は、予選から勝ち上がったクリスチャン・ハリソン(200位・アメリカ)に決まり、初対決となる。