2018.06.19

錦織圭、ウィンブルドン前に快勝も、
「芝はいろいろな部分に痛みが…」

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by picture alliance/AFLO

 錦織圭の芝シーズンが幕を開けた。ドイツ・ハレで開幕したゲリー・ウェバー・オープンの1回戦に登場した錦織は、世界ランク159位のマティアス・バヒンガー(ドイツ)をストレート(6-3、7-6)で下し、2回戦に駒を進めた。

ゲリー・ウェバー・オープンで1回戦と突破した錦織圭 赤土シーズンの終了からウィンブルドン開幕まではわずか3週間。錦織は毎年、このゲリー・ウェバー・オープンを、その前哨戦として位置づけている。芝で行なわれる大会が少ないため、ATP500の格付けとはいえ、今年もロジャー・フェデラー(ATPランキング1位)、アレクサンダー・ズベレフ(同3位)、など多くの上位ランカーが参加している。

 初戦の相手は地元のドイツ人選手バヒンガー。今年1月、右手首のケガから復帰したばかりの錦織は、ダラス・チャレンジャーで対戦しており、勝利を収めている。バヒンガーは主催者推薦で今大会の予選に参加し、大会公式メディアによれば本戦出場は「サプライズ」という位置づけだった。

 そんな相手に、第1セットは第4ゲームでブレークすると、そのまま6-3で奪取。だが、第2セットは、2度のブレークでリードしたものの追いつかれ、タイブレークに持ち込まれてしまった。

「このサーフェスだとタイブレークは多くなってくるので、なるべく冷静に(プレーした)。2ブレークアップしていたので、なるべくキープして終わらせたかったですけど。タイブレークでもリターンが入ればチャンスはあるので、落ち着いてプレーはしていました」と、試合を振り返った。