2018.06.12

「勝ってチューしたかった」穂積・
二宮ペアが全仏準Vで手にしたもの

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

「トロフィーにチューしたかったです」

 表彰式で優勝トロフィーにキスをするイメトレまでしていた二宮真琴の願いは叶わず、”えりまこ”は、グランドスラムの頂点まであと一歩届かなかった――。

 ローランギャロス(全仏オープンテニス)女子ダブルス決勝で、穂積絵莉二宮真琴組が、第6シードのバルボラ・クレジコバ(チェコ)/カテリナ・シニアコバ(チェコ)組に、3-6、3-6で敗れて準優勝に終わった。

準優勝のプレートを手にした二宮真琴(左)と穂積絵莉  決勝はセンターコートであるフィリップ・シャトリエコートで行なわれ、穂積と二宮にとっては、初めてのグランドスラムのセンターコートでのプレーになった。

 日本ペアは第1セット第1ゲームでいきなりブレークに成功して、幸先のいいスタートを切った。だが、続く第2ゲームでブレークバックを許すと、準決勝までにはなかったようなミスが出始め、相手の陣形に揺さぶりをかけるロブや、ポイントを決めにいくポーチでことごとくポイントを失った。

「自分の感じていないところで、やはり決勝という舞台、勝ちたい気持ちとかが、少し硬さにつながったのかなと思います」(穂積)

「(試合が)始まる前のほうがすごく緊張していました。いつもより遅いペースで試合をされた。相手のスピン量がすごかったので、ちょっとロブも打ちづらくて、相手に崩されたというところはありました」(二宮)

 チェコペアはファーストサーブの時に、Iフォーメーション(サーバーとしゃがんだ味方前衛が、相手レシーバーから見て一直線になる陣形)を多用したため、クロスラリーがほとんどなく、トップスピンのかかった低速のボールをうまく使った。

 とくに、シニアコバが2バックから前に出る動きや、前衛にいるときのプレッシャーのかけ方がうまく、最後まで日本ペアは、相手を崩すことができなかった。