2018.03.21

大坂なおみ、ついに憧れのセリーナ戦へ。
新たな時代の扉は開かれるか

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 子どものころ、胸に密かに刻んだ「将来対戦したい選手リスト」が、大坂なおみにはあるという。

 そのひとりは、ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)。37歳を迎えた今もなお、テレビ越しに憧れの視線を向けたころと変わらぬ強さを見せる5度のウインブルドン優勝者とは、昨年のウインブルドンで対戦した。その試合では敗れるも、「尊敬する選手相手に、いいプレーができた」と自信を深めた大坂は、約4ヵ月後の再戦で「人生最高の勝利のひとつ」を掴み取った。

歓喜の初優勝から数時間後、大坂なおみはマイアミの地に飛んだ もうひとりの対戦を夢見てきた選手は、マリア・シャラポワ(ロシア)。テレビで戦う姿を見ては、そのたびに「彼女はいつもポーカーフェイスを崩さず、とてもクール。私もそうできたらかっこいいだろうな……」と、自身の未来を重ねてきたロールモデルだ。そのシャラポワとの対戦も、先週のBNPパリバオープン初戦で実現する。この試合での大坂は、シャラポワから学んだ「クールな姿勢」で揺れる心を制御して、盤石の勝利を掴み取った。

「シャラポワに勝てたことは、私にとってキャリア最高の実績のひとつ。この日が来るのを、ものすごーーく長いこと待ち望んでいたんだもの」

 シャラポワ戦の勝利後に、いつものクールな表情にいくぶん興奮の色を添えた大坂は、弾む声でこう続けた。

「これでリストから、ふたりが消えた。だから今は、セリーナとの対戦をものすごく楽しみにしている!」

 リストに残った最後のひとり……それはセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)。23度のグランドスラム優勝を誇り、女子テニス史上最高の選手と呼ばれる女王は、36歳にして昨夏の出産から復帰してきた”現役のレジェンド”でもある。そして大坂の「3人のリスト」のうち、最初に憧れ、だれよりも敬愛し、そしてもっとも対戦を望んできた”永遠のアイドル”でもあった。

 そのセリーナとの対戦が、ついに間もなく訪れる。大坂がBNPパリバオープンでキャリア初優勝を成し遂げトロフィーを抱えた、そのわずか数時間後――。マイアミオープン会場で行なわれたドローミーティングの結果、1回戦で「大坂vs.セリーナ」の顔合わせが決定したのだ。