2018.01.12

「テニスをもっとメジャーに!」
美女プレーヤー加藤未唯が熱く叫ぶ

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

加藤未唯インタビュー 後編

テニスに対する熱い思いを語ってくれた加藤未唯前編はこちら>>

 2017 年シーズンに、加藤未唯(みゆ)の名前が一躍有名になったのは、1月のオーストラリアン(全豪)オープン女子ダブルスでベスト4に進出した時だ。穂積絵莉とのダブルスには”えりみゆ”というニックネームも付けられた。

 ただ、加藤は喜んでいるだけではなかった。ダブルス選手の境遇や、テニス自体が日本ではまだメジャースポーツとは言い難い現実に対して、さらに2018年シーズンの目標について、心に秘める思いがたくさん詰まっていた。ふだん、不思議系キャラに見られがちな加藤だが、今回はあまり見られない”熱い加藤”を見ることができた。

――2017年オーストラリアンオープンでは、穂積絵莉さんと組んだ女子ダブルスで初のベスト4進出と素晴らしい結果を残しました。あらためて振り返ってどうでしたか?
 
(2017全豪女子ダブルス)

1回戦    7-6(3)、7-6(3)ペレス/タンドラムリア
2回戦   3-6、6-3、6-3  コルネ/リネッテ
3回戦   6-3、2-6、6-2 ミルザ/ストリコバ
準々決勝  6-3、6-3  ルチッチ-バローニ/ペトコビッチ
準決勝   2-6、6-4、4-6  マテックサンズ/サファロバ

加藤 正直、私、シングルスでは予選1回戦で負けて、ダブルス(1回戦)まで1週間ちょっとあったんで、始まるまでは、ん~、そこまで乗り気ではなかったんですよ。次の大会のシングルスのことも考えていたけど、まっ、グランドスラムやし、頑張ろうって。
 
 1回戦はいいプレーができなくて苦しい展開で勝てた。2回戦も劣勢で負ける寸前だったんですけど、いいプレーができました。コルネはシングルス(大会時28位)で上の選手ですけど、打ち合っていても負けている気はしなかったし、ダブルスでは通用するなと感じたので、勝てて嬉しかったです。