2018.01.14

伊達公子が全豪オープンテニスを展望
「勢いのある杉田くんが楽しみ」

  • 神 仁司●文 text by Ko Hitoshi

伊達公子さんが現地メルボルンから熱戦の模様を伝える シーズン最初のグランドスラムである全豪オープンテニスが、1月15日から28日までオーストラリア・メルボルンで開催される。日本から真夏の南半球へ、2018年のテニスシーズンの開幕を告げるテニス4大メジャー大会の初戦となるこの地を、元プロテニスプレーヤーの伊達公子さんが再訪する。伊達さんは、2017年9月に46歳で”2度目”の引退をし、2018年からは”WOWOWテニス アンバサダー”を務めることになった。

「選手としてではなく、形を変えたけど、グランドスラムにまた行けることは純粋に嬉しい。素直に感じたままを伝えたい」

 かつて伊達さんにとって、全豪は「戦いやすい場所。勝てる可能性のあるグランドスラム」という位置付けだったという。そのなかでも、特に1994年大会が印象に残っている。

「やっぱりセミファイナルに進出した94年が印象に残っています。あの年は、大会に入る前から、誰と対戦したとしても負ける気がしなかった。ボールをミスする感覚がなかったので、ラケットを振れば入る、そんな感覚があった年でしたね(笑)。

 それでも、(シュテフィ・)グラフにはかなわなかったという現実はありましたけど(94年全豪準決勝で、当時世界ランク9位の伊達は、第1シードのグラフに3-6、3-6で敗れた)」

 また、全豪のコートサーフェスは、1988年から2007年までリバウンドエースというハードコートだったが、2008年からはプレキシクッションになり、伊達さんは選手時代に両方のサーフェスを経験したことになる。