2017.11.11

錦織なきATPファイナルズ。
フェデラーvsナダルの最終決戦なるか

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 男子テニスの世界最高峰の舞台に、ロジャー・フェデラーラファエル・ナダルが帰還した――。

 ワールドテニス男子ツアーの最終戦であるATPファイナルズ(11月12日~19日、ロンドン・O2アリーナ、昨年までのワールドツアーファイナルズが今年から大会呼称変更)は、シーズンの成績上位8選手だけが出場を許されるエリート大会で、36歳のフェデラー(2位、スイス、11月6日付け、以下同)と31歳のナダル(1位、スペイン)は、ともに2年ぶりの出場を果たした。

フェデラーやナダルらがお揃いのスーツを着て、ロンドン塔の前でフォトセッションが行なわれた 昨年は左ひざのリハビリのため最終戦に出場できず、連続出場記録が14回で途絶えたフェデラーだったが、今年は15回目の出場を決めて、華麗なるカムバックを果たした。

「昨年はここ(ロンドン)に来ることができなかったんだから、素晴らしい成果だと思うよ。

 今季は(17位からで最終戦へは)かなり遠いポジションからスタートしなければならなかった。僕の最初のゴールは、ウインブルドンの前後ぐらい(6月頃)までに、8位あたりが現実的になれば、というものだった。(1月の)オーストラリアン(全豪)オープンで優勝できて、かなりいいポジションになったね(ウインブルドンも優勝したので最終戦の出場権をいち早く確定)。シーズンを通して、自分のプレーが本当によかった」