2017.09.12

休養から2冠のナダル。
錦織圭も「情熱のカムバック」を果たせるか

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

「8~9カ月前だったら、グランドスラムで2勝するなんて、イメージするのも難しかった」

 昨年は左手首の痛みに悩まされたラファエル・ナダルだったが、ニューヨークで3回目の戴冠を実現させ、全仏に続いて王者の強さと風格を取り戻した――。

4年ぶりに全米オープンを制したラファエル・ナダル 今季最後のグランドスラム・US(全米)オープンテニスの男子決勝で、第1シードのナダル(ATPランキング1位、8月28日付け、以下同、スペイン)が、第28シードのケビン・アンダーソン(32位、南アフリカ)を6-3、6-3、6-4で破って、2013年以来となる3度目の優勝を成し遂げた。

 今回は31歳同士の対決となったが、USオープンでは2002年の31歳のピート・サンプラス(アメリカ)と32歳のアンドレ・アガシ(アメリカ)以来となる30代同士の決勝だった。

 初めてグランドスラムの決勝に進出したアンダーソンは202cmの長身を活かしたビッグサーブからの速攻型プレーヤーだが、「ラファがたくさんリターンを返してきて、私をすごく厳しい状況に追い込んだ。彼はベストディフェンダーのひとりだ」とアンダーソンが振り返ったように、ナダルはリターンポジションをバックフェンスのすぐ前、ベースライン後方約5mまで下げて、まずリターンを確実にかつ深く返すことを徹底した。