2017.09.19

錦織なしでも大丈夫。日本のデ杯勝利は、
エース杉田祐一が引っぱった

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 9月15~18日に、大阪・靭(うつぼ)テニスセンターで開催された男子テニス国別対抗戦デビスカップ(以下デ杯)・ワールドグループ(以下WG)プレーオフ(入れ替え戦)「日本vs.ブラジル」で、日本(ITF国別ランキング14位)は、3勝1敗でブラジル(19位)を破ってWG残留を決めた。

(右から)シングルスで2勝を挙げ、日本のWG残留に貢献した杉田祐一、内山靖崇、マクラクラン・ベン、添田豪
 今回、錦織圭(ATPランキング14位、大会時、以下同)が右手首のケガ、西岡良仁(123位)が左ひざのケガ、ダニエル太郎(129位)は個人戦を優先させたいという理由で日本代表に合流しなかった。

 一方、ブラジルもホジェリオ・ドゥトラ シルバ(74位)とトーマス・ベルーチ(76位)が欠場し、両チームともにベストメンバーを組めない厳しいやりくりでの戦いとなった。そんな状況で日本代表を牽引したのが、エースを初めて任された杉田祐一(42位)だ。

「(シングルス1)ワンとして、シングルスを2本取りにいかないといけないので、いい状態で入れるようにしたい。個人戦と違って、代表ではプレッシャーは常にかかっています。特にワンということで、自分がいい形で引っ張るというか、自分がいい流れをつくる立場になると思うので、その準備をしっかりやっていきたい」

 デ杯開幕前にこう語っていた杉田は、日本のシングルス1としてオープニングマッチの大役を任され、ギレルモ・クレザール(244位)を6-2、7-5、7-6(5)で破って、日本に貴重な1勝目をもたらした。