2017.08.31

もう全米オープンの初勝利にも驚かない。
杉田祐一の強さはホンモノだ

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

全米オープン本戦初出場、そして初勝利を挙げた杉田祐一  ニューヨークでの初勝利の瞬間、杉田祐一はまったく喜ぶそぶりを見せずに淡々と試合後の握手を対戦相手に求めた。今の杉田にとっては、グランドスラムの本戦に出場することだけでなく、1回戦を勝ち上がることが当然であるかのような態度や表情に頼もしさが感じられた。

 今季最後のグランドスラムであるUS(全米)オープンテニスの1回戦で、杉田(ATPランキング44位、8月14日付け、以下同)は、ワイルドカード(大会推薦枠)で出場のジョフレイ・ブランカノー(331位、フランス)を、6-2、6-2、6-0で破って、本戦初出場で初勝利をつかんだ。

 試合は大会2日目に始まったが、杉田が2セットアップし、第3セット第1ゲームデュースの場面で雨によって中断となり、大会3日目に持ち越された。

「(大会側の延期が)早い決断だったので、ゆっくり休めた」という杉田は、試合再開後、18歳のブランカノーに1ゲームも許さず、実力と経験の差を見せつけて圧勝した。

「初出場初勝利は嬉しいことですけど、それに関しての意味というのは、そんな特にないかなと思っています。いいテニスができているので、引き続き頑張りたいという感じですね」

 ここ最近の好結果によってサーブに自信を持つ杉田は、1回戦でのファーストサーブでのポイント獲得率は79%で、常に試合の主導権を握った。