2016.07.11

「勝てていたかも」。20年前、
伊達公子は女王グラフを追い詰めた

  • 長田渚左●文 text by Osada Nagisa photo by TISCH(takahashi office) 小菅孝●ヘア&メイク hair&make-up by Kosuge Takashi 西尾妹子●スタイリング styling by Nishio Maiko

1996年ウインブルドンで4強に進出。当時を振り返ってくれたクルム伊達公子伊達公子インタビュー(2)

2016年、今年もウインブルドンでは数々の熱戦が繰り広げられた。日本の錦織圭や土居美咲も健闘したが、ベスト16止まりに終わった。20年前のあの夏、伊達公子は当時、女王として君臨していたシュテフィ・グラフ(ドイツ)と準決勝で対決。いまも語り継がれる2日越しの激闘となった。

インタビュー(1)はこちら>>

――”有明の奇跡”と語り継がれるフェドカップの3時間25分の死闘の2ヵ月後、2日にわたるウインブルドン準決勝がありました。あの日から20年、今も伊達さん、あのままサスペンデッドにならず、試合が続いていたら? と同じ質問をされ続けていませんか?

「96年ウインブルドン準決勝。そうですね。20年も経ちますが、今も(勝利する)可能性は高かったと感じています。

  あの日は朝から雨でした。試合がないかもしれないという感じもあって、のんびり構えていました。ロッカールームで寝たり、状況をチェックしたりという過ご し方をしていました。空を見上げたりもしましたけど、妙なイライラもなかったんです。もう雨も止まないし、試合をやる確率は低いだろうという情報もありま した。

 しかし雨が止み、もうひとつの準決勝もスピーディに終わって、急に夜7時半ぐらいから、まだ試合ができる……という見通しになりま した。冷静に考えれば、試合を始めても長びけば、日没になって順延になるということも想定できたかもしれない。ただ、夏のヨーロッパは7時、8時でもかな り明るいですからね。実際”日没”と言われた9時ごろでも、あの段階で、ああいう決定になるとは思ってもみませんでした」