2016.07.01

「何で俺がここに?」錦織圭、センターコートで初勝利!

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

わき腹痛の不安を抱えながらも、2回戦を勝利した錦織圭 錦織圭(ATPランキング6位、6月27日付、以下同)が、2回戦で、ジュリアン・ベネトー(547位、フランス)を、4-6、6-4、6-4、6-3で破り3回戦に駒を進めると同時に、自身初のウインブルドンセンターコートでの勝利を挙げた。日本人選手によるセンターコートでのシングルスの勝利は、2006年大会女子3回戦で勝利した杉山愛以来だ。

「特に何も考えていなかったですね。センターということも、あまり意識してなかったです。もちろん、特別にセンターに入る前に少し心構えはありますけど、そんなに特には意識しなかったので、普通の2回戦としてとらえていました」

 こう語った錦織の2回戦は、当初6月29日12番コートで行なわれる予定だったが、雨のために順延となり、30日センターコートの第1試合に組み込まれた。錦織がウインブルドンのセンターコートでプレーするのは2回目で、2010年大会1回戦でのラファエル・ナダル戦以来だ。

 左わき腹を痛めている錦織にとっては、1回戦から2日間回復にあてる時間が持てたことは、完治しないまでもありがたく、恵みの雨となった。

「こんなに雨降ってくれと頼んだのは、初めてかも。それぐらい助かった」