2016.02.05

全豪ベスト4のカナディアン、
ミロシュ・ラオニッチの知られざる素顔

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva   photo by AFLO

 さらには、長い右腕全体を覆うサポーターも、2年ほど前から彼のトレードマークになっている。もともとは、マイアミの激しい日差しから腕を守るためであったが、その大会で好調だったために、”ゲン担ぎ”の一部になった。それ以降は、まるで彼の強い信念を象徴するかのように、右腕から異彩な輝きを放っている。

 スリーブに覆われた長い腕をムチのようにしならせて、196センチの長身からラオニッチがボールを打ち下ろす。そのたび、テニス界を支配する厚き壁にくさびが打ち込まれ、新時代の扉が開かれようとしている――。


テニス 記事一覧>

関連記事