2015.12.03

2015年総括。クルム伊達公子はどこに向かっているのか?

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki   photo by AFLO

 2008年に現役復帰を決意したとき、彼女は自らの試みを、“チャレンジ”と定義した。「挑む・頑張る・食ってかかる……」。辞書の”Challenge”の項目には、そんな対訳の日本語が並ぶ。

 それから7年……。

 クルム伊達公子の2015年シーズンは、出場を予定していた豊田市開催のITF大会を、ひざのケガのため棄権するという形で幕を閉じた。今は来季に向けて、リハビリに励む日々。

 彼女はまだ、挑み足りないと感じているのかもしれない。十分に頑張ったと、まだ自分に言えないのかもしれない。

「いい状態に戻せることができるならば、時間を費やすことに気持ちの上で抵抗はありません」

 欠場を決意した数日後には、ブログにそんな心境をつづっている。

 チャレンジはまだ、終わらない――。


テニス の記事一覧>

関連記事