2015.09.02

錦織圭まさかの1回戦敗退。M・チャンコーチ「圭はまだまだ成長中」

  • 神仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 昨年のUSオープン(全米OP)で、アジア人初の準優勝に輝いた錦織圭は、自己最高のATPランキング4位になって、ニューヨークへ帰って来た。そして今大会、グランドスラムで日本人選手最高の第4シードを獲得した。

全米オープン1回戦、ベノワ・ペールに 敗れた錦織圭(左)

「(第4シードは)あんまり考えてなかったですね。今言われてふと思い出しましたけど、やる相手は、最終的には変わらないし、トップ4の2人、3人は倒さないと優勝はできないので、それが決勝でやるか、その前にやるかの違いだと思う。そんなに僕自身は、シードについて考えたことはなかったです」

 開幕前に、マイケル・チャンコーチは「圭は練習もトレーニングもハードにこなして、とてもいい状態です。フィーリングもいい」と語っていたが、1回戦の対戦相手であるベノワ・ペール(フランス・41位)については「クロスマッチになるだろう」と警戒した。

 また、ダンテ・ボッティーニコーチは、昨年の準優勝により錦織に注目が集まることを心配した。

「周囲の期待が高まるのは、当然のことです。圭はそれにうまく対処していく必要があります。毎日、そして試合ごとに集中して、ラケットを扱っていかないといけない」