2014.01.25

「伊達公子記念日」に振り返る、1994年・メルボルンの奇跡の裏側

  • 内田暁●文 text by Uchida Akatsuki photo by Getty Images

 1月13日に開幕した2014年全豪オープンの女子決勝戦は、現地時間の1月25日、ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と李娜(リー・ナ/中国)の間で争われる。「グランドスラム優勝」の栄誉を求め、灼熱のメルボルンに世界各地から集ったトッププレイヤーの数は128人。その頂点に立つたったひとりが、この一戦で決まることになる。

 今からちょうど、20年前の1月25日――。その日は全豪オープンの準々決勝にあたり、やはり128人いた参戦選手が、わずか4人にまで絞られた日であった。

グランドスラムでアジア人女子選手として史上初のベスト4に進出した伊達公子 ベスト4進出者のリストには、ときの絶対女王シュテフィ・グラフ(ドイツ)に、世界ランキング2位のアランチャ・サンチェス(スペイン)、さらには美貌と豪快なテニスで絶大な人気を誇ったガブリエラ・サバティーニ(アルゼンチン)という、錚々たるメンバーが名を連ねた。

 その中に、極東の島国から日の出の勢いで駆けあがり、アジア人女子選手として初めて、グランドスラム準決勝進出の快挙を成した選手がいる。163センチと小柄ながらも、ボールの跳ね際を叩く「ライジングショット」で世界の強豪たちを手玉に取った選手の名は、「Kimiko Date」。世界のメディアは、日出(い)づる国から現れたテニス界の新たなスターに、「ライジング・サン」のニックネームを与えた。

 伊達がベスト4に勝ち上がったこの1994年全豪オープンには、彼女以外にも4人の日本人選手が出場している。その内のひとりに、伊達より1歳年下の神尾米氏がいた。1995年に世界ランキング24位に達し、現在は解説者としても活躍する神尾氏は、「伊達さんの背中をずっと追ってきた」と認めるほどに、彼女の存在を大きく感じていたと言う。

「あの身体で、どうして世界で戦えるのかというのを、お手本にしようとしていた」

 そう当時を振り返る神尾氏が、伊達に向けていた視線は鋭い。神尾氏が見る伊達の強さの秘密は、やはり彼女の代名詞である「ライジングショット」にある。