2013.10.11

【テニス】日本女子最上位。
クルム伊達が待ち望む「若手の成長」

  • 神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi photo by Ko Hitoshi

 9月23日付けのWTAランキングで60位になったクルム伊達公子は、62位の森田あゆみを抜いて、日本女子ナンバーワンに返り咲いた。現在もその順位をキープしているクルム伊達だが、「あくまでも一時的なもの」と捉え、一喜一憂することはない。

地元の大会であるジャパン女子オープンで、3年ぶりに1回戦を突破したクルム伊達「あゆみちゃんと、たいしてランキングが変わらない状況になったといっても、今週だけの話であって、彼女は今(腰の)ケガをしている。別に、あゆみちゃんと戦っているわけではないですし、日本人とだけ戦っているわけではない。ポジションが上だから下だからということで、自分の中で変化が起きることはないです。とにかく、1年通してケガなく、自分のテニスをすることを目標として戦っています」

 夏の北米シーズン中に悩まされた右アキレス腱痛からは解放され、秋のアジアシーズンに臨み、その4大会目となったHPジャパン女子オープン。クルム伊達は、大阪で3年ぶりとなる初戦突破を果たし、2回戦では、日本女子期待の若手のひとりである土居美咲と対戦した。

 多くの日本女子選手にとってそうであるように、土居にとっても、クルム伊達は目標にしている選手だ。