2022.06.17

元オールブラックスも絶賛するラグビー日本代表の”ヤングジャイアント”。身長202cm、20歳のディアンズが世界に挑む

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 2023年のワールドカップ・フランス大会に向けて強化が進むラグビー日本代表は、6月18日から7月9日にかけてウルグアイ代表、フランス代表とテストマッチ4連戦を行なう。特に開催国フランス代表は世界ランキング2位の強豪で、ワールドカップへの大きな試金石となろう。

 今夏のラグビー日本代表には、多くの若く有望な選手が招集された。そのなかで大いに活躍が期待されているのが、身長202cm、足のサイズ32cmという20歳の巨漢ワーナー・ディアンズ(東芝ブレイブルーパス東京)だ。

リーチ(左)より頭ひとつデカい身長202cmのディアンズ(中央)リーチ(左)より頭ひとつデカい身長202cmのディアンズ(中央) この記事に関連する写真を見る  昨年秋、ディアンズはトップリーグ未経験ながらも、「(日本代表にいなかった)2メートルという身長もあり、非常に見たい選手」とジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の目に止まり、日本代表メンバーに抜擢。ヨーロッパ遠征のポルトガル代表戦で途中出場を果たし、いきなり初キャップを得た。

 ディアンズのポジションは体躯が生きるLO(ロック)。今年4月に20歳になったばかりで、ポテンシャルにあふれている逸材だ。今回の代表戦に向けて、「フランス代表戦は楽しみ! 世界トップクラスのフィジカルチームなので、自分がどれだけできるかを知りたい」と声を弾ませ、試合を楽しみにしている。

 出身は"ラグビー王国"ニュージーランドのクライストチャーチ。母・ターニャはネットボールの元ニュージーランド代表選手だ。父の勧めで4歳からラグビー競技を始め、子どもの頃はオールブラックスになることが夢だった。

 中学2年の時、父・グラントがトップリーグ(当時)のNEC(現NECグリーンロケッツ東葛)のストレングス&コンディショニングコーチに就任。それを機に来日し、千葉・あびこラグビースクールに入った。

 高校は流通経済大柏に進学。NECが練習拠点とする我孫子市と同じ「東葛地区」にある、千葉の強豪校を選んだ。