2021.12.28

明治大が宿敵・早稲田大にリベンジ 。「1年間1度も勝てないなんて、4年生には絶対にさせられない」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

「ふたつ目のリベンジができてうれしく思います!」

 紫紺のジャージーの9番を背負ったキャプテンSH(スクラムハーフ)飯沼蓮(4年)は、寒風吹く東京・秩父宮ラグビー場で真っ直ぐに前を向きながらキッパリと言った。

 12月26日、ラグビー大学選手権の準々決勝が行なわれ、明治大と早稲田大のライバル同士が激突した。3週間前の関東大学ラグビー対抗戦での「早明戦」では、明治大の力及ばず7−17で敗戦。早稲田大が対抗戦2位、明治大が3位となって大学選手権を迎えた。

明治大FW陣が早稲田大を圧倒した明治大FW陣が早稲田大を圧倒した この記事に関連する写真を見る  明治大にとって初戦となる4回戦、明治大は昨季王者の天理大(関西3位)を27−17で下して準々決勝へと駒を進めた。早明の両者が大学選手権の準々決勝で対戦するのは史上初だ。

 対抗戦の終盤、帝京大戦と早明戦で連敗を喫した明治大の一番の課題は、1試合で1トライしか取れなかった決定力だった。特に早明戦のボールポゼッションは66%と高く、敵陣に何度も入ってアタックを仕掛けたが、早稲田大の守備を崩すことができず1トライに終わった。

 敗戦後、伊藤宏明コーチと副キャプテンNo.8(ナンバーエイト)大石康太(4年)はアタックの整備に努めたという。その結果、4回戦では昨季敗れた天理大から4トライを奪って勝利し、「ひとつ目のリベンジ」を果たした。

 そして迎えた、今季2度目の「早明戦」。明治大は今季、春と夏の練習試合でも早稲田大に敗れている。今回は何としてでも勝利し、スローガンでもある「MEIJI PRIDE」を見せなければならなかった。

 この試合、明治大のテーマは「トラスト(信じること)」。「自分、仲間、やってきた練習、それらを最後まで信じる。ゲームの主人公は自分たちだということを全員が信じて戦おうと言った」(飯沼)

 試合直前、大石副将は涙ながらに「絶対勝とう!」と叫んでチームを鼓舞したという。この試合で文句なしのMVPだったPR(プロップ)大賀宗志(3年)は「僕も泣いてしまいました。4回連続(の敗戦)、1年間1度も早稲田に勝てないなんて、4年生には絶対にさせられない思いで試合に臨んだ」と振り返った。