2021.11.15

ラグビー日本代表、待望の大型若手CTBが初キャップ。前主将リーチも「楽しみ!」

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji
  • photo by AFLO

「躍動感を持ってプレーしていた。次も楽しみ!」

 そう語って破顔したのは、前主将FL(フランカー)リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス東京)だ。

 リーチが見据えた相手は、日本代表初キャップを獲得したCTB(センター)中野将伍(東京サンゴリアス)。24歳のルーキーが2023年ワールドカップに向けて自ら手を挙げた。

代表初キャップを獲得した24歳の中野将伍代表初キャップを獲得した24歳の中野将伍 この記事に関連する写真を見る  1週間前にアイルランド代表と戦って5−60と大敗したラグビー日本代表(世界ランク10位)は、現地11月13日にポルトガル代表(同19位)とアウェーで対峙。格下相手に力の差を見せつけて勝ちたかったが、後半は反則を繰り返して劣勢となり、イエローカード(10分間の一時的退場)を2回もらいながら38−25でなんとか勝利を収めた。

 ただ、ホームのファンの応援を背に最後まであきらめない相手に対し、苦しみながら得た勝利にも光明はあった。それは、この試合が日本代表デビュー戦となった中野の存在だ。

「ラインブレイクだったり、オフロードだったり、味方のチャンスの機会を多く作っていければいいなと思っていました。周りの選手がサポートしてくれたので、試合であまり迷いなく思いっきりプレーできました。日本代表のジャージーを来て(初めて)試合に出られて非常にうれしいです」(中野)

 前半4分、SO(スタンドオフ)松田力也(埼玉ワイルドナイツ)の右足アウトサイドキックをキャッチしてチャンスメイク。WTB(ウィング)シオサイア・フィフィタのトライにつなげた。さらに前半終了間際、ラインアウトを起点にしたアタックから角度を変えて走り込み、チームに勢いを与える代表初トライも挙げて勝利に貢献した。

「ビッグゲームに強く、堂々としていて、自分の力を発揮できると信じている」

 日本代表ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、13番で先発起用した中野をそう評価する。「ボールを持つ機会は限られていたが、トライを挙げたし、ラインブレイクやオフロードパスで非常によさが出ていた。将来の日本ラグビー界にとって明るい兆し」と手放しで褒めた。