2021.09.22

ラグビー花園のスターが続々デビュー。先発に抜擢された注目の大学ルーキー5人

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 コロナ禍によって延期された試合もあったものの、9月に入って大学ラグビーが東西でついに開幕。今季も大学王者を巡る戦いの火蓋がいられた。そんななか、9月12日と18日に初戦を迎えた関東大学ラグビー対抗戦から将来有望な「5人のルーキー」を紹介したい。

 まず取り上げたいのは、立教大との開幕戦で「アカクロ」ジャージーに身を包み、早稲田大の8番を背負って登場した「サトケン」ことNo.8(ナンバーエイト)佐藤健次だ。桐蔭学園では入学早々にレギュラーを張り、1年時こそ「花園」全国高校ラグビー大会で準優勝だったが、2年時、そしてキャプテンを務めた3年時は連覇を達成。高校生屈指の突破力を備える花園のスター選手だ。

開幕戦に先発した早稲田大のルーキー佐藤健次開幕戦に先発した早稲田大のルーキー佐藤健次 この記事に関連する写真を見る  身長178cmと、No.8として世界的に見れば決して大柄なほうではない。そのため、「大学に入ったらFL(フランカー)やHO(フッカー)など自分の色を出せるポジションを探し、日本代表や世界レベルの選手になりたい」という気概を持って早稲田大学に入学。入部時に提出した希望ポジションは、FW(フォワード)の最前列で背丈がなくても通用できるHOだった。

 しかし、今季より早稲田大を率いる大田尾竜彦監督は「まずは大学の試合に慣れてほしい」と、その提案を一旦却下し、開幕戦では高校時代と同じNo.8として抜擢。佐藤はその期待に応えるように、前半2トライと気を吐いた。ひとつ目のトライはキックパスをキャッチして左隅に飛び込み、ふたつ目のトライは持ち味の豪快なランで中央に飛び込んだ。

 大学入学時に「また取材されるような選手になりたいです!」と話していた佐藤は、それからさらに体重を6kgほど増やして100kgまで体躯を大きくし、開幕戦から言葉どおりの非凡なプレーを見せた。今後はボール近場での力強さ、大きな相手を倒し切るタックルなどに磨きをかけて、よりFWらしい選手に育ってほしい。

 その早稲田大にはもうひとり、存在をアピールしたルーキーがいる。前半2分にいきなり先制トライを挙げたSH(スクラムハーフ)宮尾昌典だ。