2020.10.04

これがラグビー日本代表の未来だ。
今季の大学1年は「金の卵」ばかり

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

◆「なぜラグビーのスーパースターが続々と来日するのか?」はこちら>>

 10月4日、例年より1カ月ほど遅れて関東大学ラグビー(対抗戦&リーグ戦)が開幕する。対抗戦、リーグ戦ともにフォーマットは変わらず、各チームとも7試合の総当たり戦によって優勝が決定。そして対抗戦は8校中上位5校、リーグ戦は8校中上位3校が大学選手権に駒を進める。

花園を沸かせた伊藤大祐は早稲田大に入部 コロナ禍の影響で関東大学ラグビーの春季大会は行なわれなかったが、強豪校には将来の日本代表を担う可能性の高いルーキーたちが加入した。3年後もしくは7年後のラグビーワールドカップで桜のジャージーを担っているかもしれない期待の若手たちを紹介する。

 まずは、昨年対抗戦2位、大学選手権ではライバルの明治大を下して11シーズンぶりに優勝した早稲田大。昨年まではSO(スタンドオフ)岸岡智樹(クボタ)という絶対的な司令塔がいた。その穴を埋める選手として、相良南海夫監督から活躍を期待されているのがSO/CTB(センター)伊藤大祐だ。

 伊藤と言えば、昨年度の「花園」全国高校ラグビー大会でFB(フルバック)松島幸太朗(クレルモン)の出身校としても知られる桐蔭学園を初の単独優勝に導き、高校ラグビー界を席巻した選手だ。パス、ラン、キックの3拍子が揃っている逸材である。

 身長179cm体重85kg。小学校3年時には柔道で九州王者にもなった身体の強さもウリで、大学の寮生活でひと回り大きくなったという。今季は1年生で唯一、レギュラー組として練習に参加していた。

 相良監督が「いろんなポジションで試したい」と言うように、練習当初はインサイドCTBでプレーさせていたが、状況次第ではSOとしても出番がありそうだ。「与えられたポジションで試合に出て、いいプレーをしてレベルアップしていきたい!」(伊藤)。

 伊藤は高校の先輩である松島と、日本代表で一緒にプレーすることを夢見る。「日本代表になるには、まだ3つ、4つレベルを上げないといけない。一番の近道は早稲田大でレギュラーとなって、試合に出て優勝に貢献すること」と先を見据えた。