2020.08.29

ラグビー福岡堅樹が明かす医学部受験。
化学が得意、勉強は「超集中型」

  • 門脇正法●文 text by Kadowaki Masanori

 今年の東京五輪開催が延期になり、セブンズ(7人制ラグビー)日本代表からの引退を表明した福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ)。これまでの歩みが増刊ヤングジャンプスポーツ(集英社)で実録マンガ化されるなど、今も注目を集める存在だ。

 現在は医学部への進学を目指して、受験準備の真っただ中にいる福岡に「勉強」について聞いてみた。

笑顔でのセブンズ代表引退会見後、受験勉強をスタート
* * *

「僕はまだ現役は引退したわけではないので、基本的には午前中はトレーニングをして、午後の時間をしっかりと勉強に使う感じですね」

 今年の9月7日で28歳になる福岡は、これまでの高校時代、浪人時代とは違う受験勉強を、どこか楽しんでいるようにも見えた。

 福岡が卒業した福岡県立福岡高校は、県内では"公立御三家"と呼ばれる文武両道の名門進学校。2020年の大学入試実績では、東京大学5名、京都大学13名の合格者を出している。

「僕の頃は、そこまでではなかったんですが(笑)、今の後輩たちがすごく頑張ってくれているおかげですよ」

 難関大学への進学が当たり前の雰囲気のなか、高校3年の冬休みを花園の大舞台で戦っていた福岡は、2回戦で大阪朝鮮高校に敗退。その直後から受験モードに切り替えたものの、年が明けてから行なわれたセンター試験では散々な結果に終わり、第一志望の筑波大学医学群の受験に失敗、浪人することになる。

 1年後、医学部があって、ラグビーも強い大学ということで、もう一度、筑波大学医学群を前期試験で受験。しかし、再び不合格となった福岡は、後期試験で志望先を切り替え筑波大学情報学群に合格した。