2020.08.17

五輪断念のラグビー福岡堅樹が、
「実録マンガ」に登場したわけを語る

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 松田崇範●撮影 photo by Matsuda Takanori

「このマンガを読んでもらって、ラグビーを忘れないようにしていただければ......」

 そう語ってくれたのは、日本で開催されたラグビーワールドカップ2019で、日本の決勝トーナメント進出の原動力となった福岡堅樹。この夏、福岡自身がマンガの主人公になったのだ。

* * *

 昨年、日本中を大いに沸かせたワールドカップは、台風19号の影響で3試合が中止になったものの、チケットの完売率は99.3パーセントにも達し、観客動員数は170万4443人を記録。大会を機に関心を持った"にわかファン"も含め、チケットを手にできなかった人たちが、ファンゾーンに設けられたパブリックビューイングに殺到するほどだった。

 日本代表のひとりとして試合に出場していた福岡も、その声援に何度も何度も背中を押された。そして、ファンの熱気は大会終了後も冷めていないと感じた。

「昨年以降、ラグビーの注目度は相当上がってきていると思います。日本代表だけでなく、選手個人にも注目してもらえるようになって、トップリーグの観客の入りも、これまでとは全然違っていたものになっていたので」

「僕の思ってきたことが全部入っている」という福岡

 2020年の1月12日から開幕したトップリーグで、福岡は所属するパナソニックワイルドナイツの左ウイングとして、第1節と第2節に出場した。

 15人制ラグビー日本代表からの引退をすでに表明していた福岡は、その後、トップリーグで戦うチームから離れ、7月24日に開幕する東京五輪のセブンズ(7人制ラグビー)で、2016年のリオデジャネイロ五輪に続く、2大会連続での日本代表入りを目指そうとしていた。

「ラグビーワールドカップと五輪は、あまり似ているところはないかもしれませんね。もちろん、両方ともスポーツのお祭りではありますが、ワールドカップはラグビー一色で、五輪とは競技の数が全然違いますから」