2020.04.27

最強メンバーへ五輪延期はチャンス。
男子セブンズに加えたい選手たち

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、スポーツの世界でもさまざまな競技に影響が及んでいる。リオデジャネイロ五輪で4位に入り、東京五輪で初のメダル獲得を目指している男子7人制ラグビー(セブンズ)日本代表チームも、そのひとつだ。

セブンズ時代のレメキ ロマノ ラヴァ 練習環境の変化等、選手にとって厳しい状況は続いている。ただ、決して悪い面ばかりではない。五輪開催が1年延期されたことで、選手層はより厚くできるはず。この1年で日本代表に加わる可能性の高い「オススメの外国出身選手」をピックアップしたい。

 まずは、「マノ」の愛称で親しまれている31歳のWTB(ウイング)レメキ ロマノ ラヴァ(元ホンダ・ヒート)だ。

 トンガ出身の両親を持つニュージーランド生まれのレメキは、2009年に来日。その後、日本人の女性と結婚し、2014年に日本国籍を取得した。現在、4人の子どもを持つ父親である。

 昨年のラグビーワールドカップではパワフルなランを披露し、その名はさらに知られるようになった。だが、もともとレメキはセブンズで名を上げた選手だ。